2014年のひとりごと

 

2014年のひとりごと

2014年のひとりごと
フォーム
 
おいちゃん それ言ったらおしまいよ!
2014-05-20

戸外は温かそうな日差しと爽やかな風、室内ではまだ長袖。この時期の気候がとても良い。小学館発刊の週刊誌が波紋を呼んでいる。政府は「根拠のない風評には全力を挙げて対応したい。復興に向けた取り組みに水を差さないでほしい」としている。双葉町の前井戸川町長は「除染は成功していますか」などという公開質問状を県知事に出したようだ。出す所が違うような気もしないではないが。井戸川さんの主張は次のようだ。「人は人、私は私、この体をつべこべ言わずに弁償しろ、できない奴は口出しするな。放射能の被曝では無いと私も望むところ、否定するものは同じ被曝してから云々いえば良い。雁屋さんは正直に書いた、今までこの話は何十回も言い続けてきたがマスコミは一切取り上げなかった。事実を報道しないように制限されてきた。理由がわからないで文句はやめた方が良い。誰が放射能を出したかを言って欲しい、いま原発の現場では過酷な環境で被曝しながら働いている方のこと思うと、こんなことで騒いでいる政治家にお前が代わってやれと多くの方に言ってもらいたい。彼らは自由と休憩がない過酷の環境で日本のために働いてくれている。感謝しましょう 皆で。東電の責任あるもの達は家族と海外生活をしているとか。情けないこの国は。」

娯楽雑誌と言っても実名を出したことで、良し悪しを別にドラマがノンフィクションになってしまった。過度な批判は抑えたいが、福島県民はまだ生きている。普通に経済活動をして普段に生活している。それを「福島は住むところではない」と言い切った瞬間に、「それを言ったらおしまいだ」と寅さんのセリフが必要だ。


 
 
万人子守地蔵尊
2014-05-06

4月末からの長いGWも終わり、いつもの生活に戻る。正月から今まで休日らしい休日が無かったので、普段できない車内の清掃と洗車、ワックス掛けをした。ついでにカミさんの愛車もやってあげた。2台行うとたっぷりの汗だ。

5月4日、きれいになった車でお袋とカミさんで、二本松小浜の万人(ばんにん)子守地蔵尊の例大祭参拝に出かけた。山頂に残雪がある雄大な安達太良山を見ながら小浜を目指す。ここには亡き父が最初に来ていた。その当時は、私の子(孫)の健やかな成長を願い貸し出される木彫りのこけし様(御尊像)を、この例大祭に里帰りさせて親地蔵様と共に祈祷を受ける年にために通った。いつしか、私も通うようになり30年は経った。

昨年、お陰様で子供も成長しお地蔵様に御尊像をお返しして一連の行事は終了したのだった。しかし、お袋が「元気なうちは、孫の成長をお願いしなければなんねなぁ」と今年も言い出した。無論、私は断る理由はない。

境内は多くの参拝者で賑わっていた。稚児舞の時間だった。扇を手にして優雅な舞であった。お袋が元気な内は来年もお参りに行く事になるだろう。

 

 
汚染土壌除染減容化装置のお披露目(除染隊)
2014-04-14
昨日(13日)桜満開の日曜日。NPO法人ふくしま除染隊が開発した汚染土壌除染減容化装置第1号のお披露目がありました。古川理事長から工程の説明があり、ミキサーに水と汚染土壌60kを投入して除染が始まりました。一次、二次の分級(ふるい)の後に分離漕で泥と水に分け更に水に凝集剤を投入してフロック(沈殿物)をろ過する方法です。今回の実験では約70%の減容化に成功しました。暖かな日差しの中でのお披露目でした。この原理の応用で、除染で出た大量の土を分離し、健康被害の無い大丈夫な土に戻していければ、大いに社会貢献になると「おじさん・おばさん達」の除染隊は考えています。
 
いよいよ花見のシーズン到来!
2014-04-07

四月に入り早や一週間。1月からほぼ休みなしの生活で多少疲れ気味です。この間は就寝を早くして明日への体力を、と病院のごとく「9時消灯」の掛け声はすれども夜行性の習慣が中々に抜けず、布団の中で考え事をしていると同じ時間の午前様。疲労蓄積間違いなしです。

今日も風が冷たいが晴れの予報。今週には開成山の花見が可能でしょう。今晩は、小学校の同級生と二人で「花待ちお酒」で乾杯の予定。次は15日、17日、21日と「花見の宴」のお誘いがございます。体調管理で楽しい花見を心がけますので「おかあちゃん!(宴会に)出して下さいね」

 
あすから新年度スタート。元気に頑張ります。
2014-03-31
 

明日から4月。宅建協会も新たな年度がスタートです。総会の準備などでスケジュールがいっぱいになってきました。その合間に血圧の薬を頂きに内科医院に、また歯科医院の定期健診が入ります。体のケアーをしながら仕事にまい進しなければならない年齢ですので。今日は肝臓の状況を検診してもらうために採血をお願いしました。良い数字だと安心ですが、多少疲れ気味ですので如何なりますか?

 夜になり、風が強くなりました。風は会社の換気扇を逆回転するくらいに吹いています。残業にはまだ石油ストーブが離せません。しかし来週には冬タイヤの交換をしたいと思っています。

1
郡​山​市​桑​野​二​丁​目​3​番​1​4​号​
 
261653
<<西武エステートシステム株式会社>> 〒963-8025 福島県郡山市桑野2丁目3番14号 TEL:024-921-3333 FAX:024-939-7190