センムのぼやき

 
フォーム
 
常識
2014-07-30
なんだか、久しぶりのボヤキとなるな・・・
特段ネタがなかった平和な一か月だった。
 
しかしながら、久しぶりに沸々と湧き上がってきた感情が\(◎o◎)/
 
皆さん、常識ってなんですかね?
僕の常識が間違っているのかよくわかりませんが
世に言う「一般常識」これが薄れているような気がしてなりません。
挨拶ができない。電話で名乗らず話し始める。
物件資料に書いてある条件を読まないし自分の都合だけを言う。(これは不動産業の話)
 
たまに、入居審査に常識テストを課そうかと思う時がある(笑)
だって、常識が通じない入居者は誰しも嫌ですからね。
だいたい賃料未払いやトラブルを起こす人は常識が通じないケースが多く、
こちらがびっくりするような自分の常識を振りかざす。(まぁ、返り討ちですがね)
 
 先日の佐世保の高校生殺人事件もそうだが、
「人を殺してみたかった・・・」
 
んなわけねーだろ!どういう風に考え、行きついたらそんな結論になるのか。
 
小学5年生誘拐事件も、
「自分好みに育てて結婚したかった・・・」
 
光源氏か!!そもそもあれもフィクションだ!
 
兵庫の某号泣県議も、
「やっとの思いで議員になったんですぅ~~、うぅ!!」
 
議員になったのは税金着服したいだけか!県民の為に涙じゃなく汗をかけ!!
 
と、恐ろしいやら悲しいやら呆れるやらいろんな事件がありますが、全部に言えることは
「自分勝手」「社会性の欠如」「劣悪な家庭環境」(←これはケースによりますが)
学校教育で知能指数ばかり重視するのではなく、勉強なんかできなくても道徳心や常識を養い、
心豊かな子供たちを育成することが大事ではないでしょうか。
そして!!親世代(というか親!)を再教育するべきでしょう。ここが変わらないと子どもは
変わらない。子は親の鏡です。親や身近の大人に似て育つのです。
 
深夜の居酒屋に子ども連れで来る夫婦やグループ。
そこで健全な青少年が育つわけがない!それを受け入れるお店側にも問題はあるが・・・
 
自分もそうだが、親世代となる20代、30代の全国民に対し、道徳の授業を施すべきでは
なかろうか?なんでも子どもと学校のせいにせずに自分が変わらないといけない。
 
自分が変われば世の中が変わる。そんな思いで一人ひとりが過ごせたら良い社会ができそうですね。
 
わが社は今日も元気に通常運転!!
 
SL初体験。
2014-07-03
先日、とある事情でSLに初めて乗りました。
SLなんて、写真と昔話の中でしか聞いたことなかったものなのでとても新鮮でした。
 
しかしながら、やはり自分も現代人なのだなと・・・
今の電車はエアコン・扇風機なんて当たり前で快適な運行が約束されている。
それに対して、暑くて、窓を開けると煙が・・・
 
同じ車両に乗っている人生の先輩方は懐かしそうに。
また、線路沿いでカメラで写真を撮ったり、手を振る農作業中のおばあちゃんやおじいちゃん。
ああ、これがノスタルジーってやつなんですね。
 
ちょっとわかったような顔をして外に向けて手を振りかえしておりました。
郡山駅から福島駅までのちょっとのんびりしたSLの旅は色々考えさせられました。
 
きっと子どもがいて一緒に乗ったならばすごく喜んだんだろうな。
 
そんな機会がまたあったら是非乗りたいですね。
 
わが社は今日も元気に通常運転!!
 
野次ってなんすか?
2014-06-24
東京都議会にて塩村文夏都議に対するセクハラヤジが世間を賑わせている。
 
内容は、「早く結婚しないのか?」「産めないのか?」等々
 
くだらね~~~。
野次ってなんなん?大体必要なんですか?
なんか的外れな質問や発言があったならば注意することもあるだろう。
しかし、この野次っていうのは議論する場では全く必要がない!
 
野次は議会の華なんて言葉もありましたが、今や内容が稚拙。
聞き分けのない子どもがわめいている程度のモノ。
まぁ、所詮政治家なんてものはこんなものだと世間に知らしめただけです。
 
 
僕はそれよりも問題視しているのは・・・
野次の発言者として塩村都議に謝罪していた鈴木都議に対する有権者である都民の行動。
ネットには批判の嵐だし、事務所には生卵・・・
 
これ、同じじゃないですか???
 
ネットなんかは匿名のとこもあるし、生卵を投げつけるなんて論外だ。
日本人は多数の中にいるとなぜか自分が正しい気がして無礼な振舞いをする奴がいる。
 
卑怯じゃないか?野次を隠れて言ってるのと変わらないぞ!!
 
過ちを認め謝罪したならば、罪を憎んで人を憎まず。
非難して追い詰めるよりも、再発防止のために見守る。
 
それが民度ある日本人ではないのか?
 
生卵を投げた奴!恥を知れ!!
食べ物を粗末にするな!!
 
今日もわが社は元気に通常運転!!
 
わんぱく相撲
2014-06-17
先日、郡山市西部運動場にある郡山市相撲場にて、わんぱく相撲が開催された。
 
私はとある団体に所属しており、その団体の上部団体が主催する
わんぱく相撲全国大会のための県大会である。
 
小学校4・5・6年生が参加していて、
コロコロとしていかにも強そうな子や、背が低くひょろっとした子まで大小様々である。
 
しかし、日本の国技である相撲をひたむきに取り組む子どもたちの姿は胸を打つ。
礼に始まり、礼に終わる。
正しく心技体を鍛えている。
 
やさしい子は体は大きいのに試合で相手を押し出す時に突き出せずに土俵際で逆転されてしまったり、やんちゃな子が試合に負けて大粒の涙を流していたり、指導している学校の先生が本気で叱咤激励し、保護者も喉が枯れるまでわが子の勝ちを願って声を出す。
 
う~ん、これが日本の宝なわけだ。
大人は、この子どもたちがすくすくと健全に育つための環境を作り守るのが使命ですね。
 
私の場合は・・・まず結婚かな?独身では他人の子どもを見守ることしかできません。
幸せそうな家族の姿を見て、あてられちゃいますね(笑)
 
そんなこんなで、郡山市の子どもも見事に6名が全国大会に駒を進めました。
がんばれ!わんぱく戦士たち!!
 
わが社は今日も元気に通常運転!!
 
追悼・・・三瓶明雄さん。
2014-06-07
日本テレビで放送されている「ザ!鉄腕!DASH!!」のワンコーナー
「DASH村」でおなじみの三瓶明雄さんがお亡くなりになったそうだ。
享年84歳。
 
DASH村はそもそも日本地図に名前を刻みたいという趣旨で始まった企画で、アイドルグループ「TOKIO」が村づくりに取り組む姿が楽しいコーナーであった。
もう、全国的に知れ渡っているが、「DASH村」が存在していた場所は福島県の浪江町。
そう、原発事故により立ち入り警戒区域に指定されてしまった地域にある。
 
福島県民にはコーナーが始まった当時から密かに村の存在が県内にあるという話は聞いていて、その関係か、よく違うコーナーのロケが郡山駅前で行われているのを見て、「ついでか(笑)」と思っていたものだった。
 
その「DASH村」に欠かせない存在だったのが、三瓶明雄さんだった。
彼は、TOKIOの農業指導役として地元の農協から紹介を受けて企画に協力していたらしい。
しかし、あの温厚でやさしい笑顔が印象的で、また本当になんでもよく知っていて、いつしか企画にはなくてなならない存在となっていた。
若者には、困ったときには必ず答えを持って笑顔で包み込んでくれる、「やさしいにっぽんのおじいちゃん」になっていたと思う。
原発事故を受け、福島市に避難を余儀なくされ、生まれ故郷に戻れないという苦難に見舞われてもその笑顔は変わらず、前を向いてしっかり立ち向かっている姿は同じ県民としても元気づけられ、いち一般人である彼の姿を僕は誇らしくすら感じていた。
 
ここ数年は、「出張DASH村」として全国各地の農業紹介の企画に参加し、桜島大根を収穫してあまりの大きさに目を丸くしている姿が微笑ましかった。
また、全国の農家の人々が明雄さんを農業のアイドルのかのように慕っている姿に影響力の大きさを感じた。
 
歳といえば歳かもしれないが、まだ84歳と言えばその通りかもしれない。
震災が無ければ・・・。原発事故がなければ・・・。
という言葉も聞こえてくるかもしれない。
たらればの話はどうしようもないことだと思う。
しかし、それでもこれが明雄さんの人生。
明雄さんは一生懸命に使命を全うして旅立ったんだと僕は思う。
 
明雄さんの想い。故郷に戻りたい。「DASH村」に戻りたい。
そんな想いがあったと思う。
僕たちはそれを忘れてはいけない、いつか・・・遠い将来になるかもしれない。
それでもその想いを胸に抱き、明雄さんの意志を持って「DASH村」を「浪江町」をそして「福島県」を復興・復活させ帰らなければならないのだと思う。
その「種」はあの明雄さんの大きな優しい手によって確実に全国の人々の心の中に植え付けられ、「芽」が必ず出てくるのだと信じている。
まぁ、それは将来の話。
 
 
今は、とにかく三瓶明雄さんのご冥福をお祈りすることが大切。
三瓶明雄さん。長い間お疲れ様でした。あなたのことは忘れません。安らかにお眠りください。
ありがとう・・・合掌。
郡​山​市​桑​野​二​丁​目​3​番​1​4​号​
273338
<<西武エステートシステム株式会社>> 〒963-8025 福島県郡山市桑野2丁目3番14号 TEL:024-921-3333 FAX:024-939-7190