センムのぼやき

 
フォーム
 
(続)美味しんぼ・・・
2014-05-20
美味しんぼ問題ですが、一応の決着(?)というかなんとか着地したみたい。
 
月曜日、いろんなコンビニをみたが売り切れ状態で内容を確認できない。
関心が深いんだね・・・
 
所謂、「炎上商法」に成功したわけだ!小学館は。。。
 
問題提起をしたかった。風化させてはいけない。原発の危険性を訴えたい。
その他諸々の理由があったかもしれない。
話が飛躍して、自主避難をしている人への差別問題まで論評を巻き起こしている。
基本、自分は自分。他人は他人。
避難を選択したならばそれがその人にとって正解。
残ることを選択すればそれがその人にとって正解。
避難したくても残るしかないと判断する人・・・正解はないけどじっと耐えている。
 
人それぞれの価値観があり、一概にこれが正解。これは不正解。とは決められない。
「避難」と「逃げた」は違います。ただ、それは自身の判断。受け入れるまでに色々葛藤があるでしょう。
ですので、「避難」した人を非難してはいけないし。
「残った」人を馬鹿だの無知だの言ってはいけない。
 
今回は、科学的根拠がどこにもないことが一番の問題で、誰も証明できないことを影響力の強い週刊誌で掲載してしまったことでした。
取材内容や根拠はしっかりしないと大きな代償を払うことになることを著者は学ばなければならない。
福島から出たい人を協力しよう。というのはありがたい話。
是非、協力して欲しい。差別が起きないように。
ただ、残る人も出る人も平等です。
出るから支援しろとか残るから賠償しろなんては今の時点では言えないのだ。
 
我われはただじっと我慢している。
何を言われようが我慢している。しかも笑顔でね。
元気な姿を発信していくことが一番だと僕は思っている。
 
 わが社は今日も元気に通常運転!!
 
美味しんぼ・・・
2014-05-12
最近何かと話題になっている、週刊ビックコミックスピリッツの長寿漫画
「美味しんぼ」
 
これは、あくまで私の私見なので、科学的な根拠などはありません。
まぁ、話題の原作者の言葉を借りれば、
「私が福島県に生まれて33年間、震災以降3年をかけて実際に体感した事実だ」と・・・
 
昔は、結構硬派なグルメ漫画でアニメ化もしたりして私も「好きな」漫画「だった・・」
 
いつから読まなくなったのかな?山岡・栗田が結婚したころだろうか。
 
とにかく、ここ1年ぐらいでしょうか、福島の真実編とやらが始まってからは嫌悪が特に強く出ていた。
まず、漫画の中の時間軸の関係かもしれんが、富井副部長(部長になったのか?)やら大柄のデブ(名前も知らん)の過剰反応でマスクがないと死んでしまう!!と言わんばかりの大騒ぎ。
・・・こちとら、原発爆発の瞬間も仕事してたわ!!
 
そこにきての今回の鼻血の件。
 
さて、知っている被災者も含め、身近の人を見渡してみる。
 
いませんねぇ~。(相棒の杉下右京風)
 
巷で囁かれている、鼻血・倦怠感・奇形胎児・のどの痛み・めまい・・・etc・・・
 
そりゃ、何十年後はわからないですよ?でもそれはただの持病かもしれないし、寿命かもしれません。
 
私は原発を肯定はしませんよ。実際にこれにより物凄く苦しめられていますから。
これは、外部で騒いでいる人には到底理解できないぐらいの深い悩みです。
これを抱えて我々は皆「福島」で生きているんです。
 
ですので、もちろん色んな意見があっていいと思いますし、それが当然だと思います。
 
でもね~~、この原作者と前双葉町の町長さん。
いただけないですね~。断定してるし。なんかfacebookでは鼻血だして写真出してるし。
 
それ・・・?ホントに放射能由来?ホントならばすみません。
まぁ、感受性の強い方もいらっしゃいますし、そのようなストレスが人体に及ぼす影響ってすごいですよね。思いもつかない症状が出る時もありますし、催眠術なんかもそうですが、強く念じればその通りになることもあります。
 
別に、この件が催眠術や思い込みとは言わないですし、思ってもいないです。
 
ただ、少なくとも鼻血が頻繁に出て倦怠感がひどい・・・って人が周りにいないんですよ。
 
むしろ、原発の最前線で働いていて、尚且つエネルギッシュに動き回っている友人も見てます。
「元気」ですよ。(まぁ、人前でうなだれる程に疲れてみせる人などいないでしょうが)
 
普通の場所(って変な表現だな)で普通に生活してても疲れるし、たまには鼻血も出るよ。
ましてや、今の福島には表には出てこない奥底でストレスが燻ってますので思いもよらない症状がでるのかもしれない。
 
科学的根拠がないのに、被ばくのせいで鼻血が出るんですと断定してしまっているのはまずいんじゃないですか?
他の病気の可能性は?そこは疑わないの?
そこまでおっしゃるならば、早く避難して影響のないとご自身が安心できる所で静養してください。
命の危機を感じてまで県内で活動しなくていいですから。
今なら間に合うかもしれない!早く避難して!!
 
それで鼻血が止まったらいいですね(^○^)
元気になったらいいですね(^○^)
 
ホントにイライラして乱文になってしまいました。すみません。
とにかく、一つのグルメ漫画は今後手に取ることはないかな?
もしかすると福島県内では存在すら見なくなるかな(笑)
そのくらい怒っている人多いですよ。
 
今後の展開次第ですが、許しません。
 
わが社は今日も元気に通常運転!!
 
災害公営住宅
2014-05-09
今朝の福島民報新聞に掲載されていた、災害公営住宅の応募状況。
 
ん~~・・・。
 
これって、どうなんでしょ?
たしかに人気がある地区もありますので、倍率が高い(のか?)場所もありますが、現時点での応募状況を見ると、被災された住民には必要とされていないと感じ取れます。
 
だって、避難されている方の数はこんなもんではないはずです。
本来ならば、倍率は何十倍、いや、何百倍になってもおかしくないと思います。
 
このデータが指し示すのは、
 
行政の情報開示の甘さ、初動の遅さ、怠慢・・・かな。
 
もう、3年経過しているわけです。
当初は避難の仮設住宅と借り上げ住宅は震災後2年間と想定しています。
仮設住宅は2年もてばいいと、かなり安普請な造りです。
そりゃ、仮設ですし、緊急時なのであれはあれでいいと思います。
しかし、もはや3年を超え、それでも尚具体的な政策が示されず、帰宅困難者に対する未来の道筋を指示していない(これは、国だけではなく地元行政や住民の考え等心情的に埋まらない溝もあるので難しいですがね)状態が続き、「やっと災害公営住宅が出来ますよ!」と言われてももはや、被災者は身動きが取れないわけですよ。
 
身軽な人は既にいわき市や郡山市等の避難先に住宅を購入して新生活を始めています。
このデータに書かれている優先者は高齢者ですが、これらの方々は3年も経ってからまた動けと言われても動けないんですよ。
引越しって、僕らが言うのもなんなんですが、物凄いストレスなんです。
皆さん必要に応じて引越しをしてるので乗り越えてますが、高齢者にとっては地獄の作業ですよ。
住めば都とはよく言いますが、住めるものならば今更動きたくないというのが本音だと思います。
 
そこまで考えてますか?国は?県は?市町村は?
 
箱を造れば勝手に人は来る!ではないんですよ。
常に人の心と生活は変容しているのです。
柔軟な対応を期待したいです。
 
心の安息を願います。
 
わが社は今日も元気に通常運転!!
 
○郎!!
2014-04-28
先日、貸店舗をお探しのお客様がいらっしゃった。
 
新規でラーメン屋さんを開業したいとのご希望でした。
東京で修行して、郡山市で独立をするとのこと。
 
詳しくお話を聞いてみると、東京で修行していた場所が、その筋のマニアには大変有名な
 
「ラーメン 二〇」とのこと!!!
 
とうとう郡山にもインスパイア系ではなく本流が進出してくるのでしょうか。
まだ、店舗を探している段階みたいなのでわかりませんが
とても楽しみです。
 
ダイエット・・・どうしよ・・・。
 
わが社は今日も元気に通常運転!!
 
滝桜
2014-04-24
昨日、三春の滝桜に行ってきました。
 
平日ということもあり、渋滞はゼロ!
快晴!!満開!!!
 
素晴らしいの一言でした。
樹齢1000年を超える巨木の迫力に圧倒され、自分がちっぽけな存在なのだと気づかされ、滝桜の生命力を分けてもらい、今日からの活力にしたいと思います。
 
来年もまた行きたいですね。
来年も変わらずに綺麗な桜の花を咲かせてもらいたいです。
 
わが社は今日も元気に通常運転!!
郡​山​市​桑​野​二​丁​目​3​番​1​4​号​
266325
<<西武エステートシステム株式会社>> 〒963-8025 福島県郡山市桑野2丁目3番14号 TEL:024-921-3333 FAX:024-939-7190