会長の「ひとりごと」

 

会長の「ひとりごと」

会長の「ひとりごと」
 
時折、感ずるがままに綴っています。
わたしの「ひとりごと」に時々お付き合いください。そして…わたしの安否確認もお願いします。
 

ブログ

ブログ
フォーム
 
国民は何故に政治家の嘘に付き合わされるのか?
2020-12-05
  コロナ感染が拡大し、国民(庶民)の命が大事な時に国会は閉会だと!
 
 今年も終わろうとしているが、今年の新春早々の横浜港クルーズ客船の騒ぎから早や一年だ。
 その頃から感染拡大が懸念されているのに専門家委員会と言う御用委員を後ろ盾に、無理やりGOTOに踏み切り、対策はその場しのぎが目立ち、赤信号になるまで無策のように見えるがどうだろうか。国民(庶民)の心は、もう既に折れている事を認識して欲しい。
 
 そんな中、日本国のあちらこちらで、政治家の金や嘘や横暴さにまつわる醜聞が絶えない。当選時に本人も一緒に行う万歳は、これで大っぴらに悪い事を行うための喜びなのか。この当選と引き換えに「耳」と「心」を落としてしまうものらしい。良い政治を願い万歳している有権者(庶民)の心まで踏みにじり、逮捕されても議員を続ける厚顔無恥。無恥とは聞く耳も良心も無いと書くように、時の総理も派閥の親分の意見や忠告(親分が忠告したなど聞いたことはないけど…)も聞こえないらしい。ましてや庶民を騙すのは日常の事であるから、下々の庶民の声も聴く気持ちもなく、心にも届かない。内閣を支える友党からも何も意見もないし「桜」でも総理の脇にいるのに沈黙つづけるようだ。
 
 この人たちに道徳を求める事は、何度も騙されて分かっているが再度、無理だと我々は認識をした方がよさそうだ。あぁ~厭になっちゃうね。
 しかし、心ある良い政治家が居ないと日本の未来が明るくならない。嘆いている場合ではない。
 
 
 
師走ですね。奥会津の景色
2020-12-01
    師走になるといつもそう思うのだが、やけに車が町にあふれ渋滞を引き起こす。目的地まで行くのは、いつもよりゆとり(運転と時間)が必要だ。
 
   一昨日の日曜日には奥会津に出かけた。羽鳥経由で田島に抜け、田島から南郷を通り只見町へ。そして帰りは柳津から河東を通り、猪苗代湖を通る会津一周の旅だ。駒止峠付近は道端に雪があった。行く目的は高齢になっている叔父・叔母に会うためで、また従兄弟の安否確認と私からの元気注入でもある。それぞれが厳しい冬への支度と今回のコロナ対策をしていた。
 
   年末・年始は昨日の社内会議で29日から1月4日と決まった。休みには自宅の大掃除など日頃見えていない所を中心に断捨離をしたいと思っている。「お父さん!それは投げないで!まだ使うから・・・」カミさんの悲鳴にも似たその言葉が待っている。
 
 
新しいカレンダーができました。
2020-11-28
  今年も残すところ約一ヶ月となり、お歳暮や忘年会のシーズンとなった。昨年の忘年会は十回を超えた。だが、今年はコロナ禍もあり予定はほとんど無いに近い。寂しさもあるが、会合の無い身体に慣らされ変化・進化をとげている。それも非常に楽と感じる。せめて会社の社員とは、慰労を兼ねた豪勢な食事会(忘年会)をしたいものだ。
  来年のカレンダーが出来て、社員がそれぞれに配布している。欲しい方は早めにご連絡・ご来店ください。
  ある銀行から来年の「高島易の暦」を頂いた。小生の歳は「六白金星」星は真っ黒で「八方塞がり」との易だ。
 ・・・保守点検に徹して回復を待て・・・だって。
  今年、残りの日数をコロナ感染せず、インフルエンザにもならず、ストレスもない丈夫な身体で過ごして新たな年を迎えましょう。
 
国宝「半跏思惟像」を拝観して
2020-11-24
  11月22日。ゴロ合わせで「良い夫婦の日」と言う。小生の友人の話 「自分の娘さんの誕生日が11月21日なので(娘想いのお父さんは)新車のナンバーを11-21とした。そしたら11-22の番号がやたら多いので11月22日の誕生日が多いと勘違いした。」なるほどよく見ると車のナンバーに11-22が多い。
 
  その22日。弟夫婦と4人仲良く、仙台までドライブに。目的は宮城県美術館で開催されている東日本大震災復興祈念「奈良・中宮寺の国宝展」。飛鳥時代の最高傑作の仏像「菩薩半跏思惟像(ぼさつはんかしゆいぞう)」を拝観するためである。教科書や資料では見ていたが、現物を目の前にして息をのんだ。「東洋のヴィーナス」とも表現された「微笑み」に一瞬に魅了されたのだ。いや、右手をそっと頬に充あて「優しい微笑み」に苦しみの魂が今まさに救済された気がした。
  像の周りを何周も周り有難さに深く合掌し「夫婦」「兄弟」の「恩愛の絆」を感じた一時であった。
 
賃貸不動産経営管理士とは
2020-11-21
  今日を含めて三連休(土・日・月:勤労感謝の日)だが、多くの零細企業は毎日が営業日だ。賃貸物件の管理を行っていると賃借人からの補修依頼などの連絡で、なかなか休みがとれない。弊社は、働き方改革でなるべく休みを多く取っているので明日と明後日の二日は久しぶりに連休とした。前回の日曜日も出勤したが、幸いなことに補修や苦情の電話が一度も鳴らなかった。
 
  本年6月に「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」が公布された。賃貸住宅管理業を行う業者が、「国交省に登録」することが義務となった。アパートの大家さん(賃貸人)と入居者(賃借人)との間にたつ、賃貸管理業者(賃貸不動産経営管理士など)が、法律に位置付けられ、公正・中立な立場で業務に従事することになる。法律の主旨は①賃貸住宅市場の健全化②住環境の向上などである。
 
  尚、賃貸不動産経営管理士とは、宅建士に比べて、まだまだ馴染みがないが、そのホームページから抜粋すると次の通りである。
「賃貸不動産経営管理士とは、主に賃貸アパートやマンションなど賃貸住宅の管理に関する知識・技能・倫理観を持った専門家です。賃貸住宅は、人々にとって重要な住居形態であり、その建物を適正に維持・管理することは人々の安心できる生活環境に直結します。そのため、継続的かつ安定的で良質な管理サービスに対する社会的な期待や要望は多く、賃貸不動産の管理業務にかかわる幅広い知識を有する賃貸不動産経営管理士の活躍が期待されています。」
 この賃貸不動産経営管理士制度は、不動産賃貸業でますます重要化されてくるようだ。
郡​山​市​桑​野​二​丁​目​3​番​1​4​号​
275597
<<西武エステートシステム株式会社>> 〒963-8025 福島県郡山市桑野2丁目3番14号 TEL:024-921-3333 FAX:024-939-7190