会長の「ひとりごと」

 

会長の「ひとりごと」

会長の「ひとりごと」
 
時折、感ずるがままに綴っています。
わたしの「ひとりごと」に時々お付き合いください。そして…わたしの安否確認もお願いします。
 

ブログ

ブログ
フォーム
 
新しいカレンダーができました。
2020-11-28
  今年も残すところ約一ヶ月となり、お歳暮や忘年会のシーズンとなった。昨年の忘年会は十回を超えた。だが、今年はコロナ禍もあり予定はほとんど無いに近い。寂しさもあるが、会合の無い身体に慣らされ変化・進化をとげている。それも非常に楽と感じる。せめて会社の社員とは、慰労を兼ねた豪勢な食事会(忘年会)をしたいものだ。
  来年のカレンダーが出来て、社員がそれぞれに配布している。欲しい方は早めにご連絡・ご来店ください。
  ある銀行から来年の「高島易の暦」を頂いた。小生の歳は「六白金星」星は真っ黒で「八方塞がり」との易だ。
 ・・・保守点検に徹して回復を待て・・・だって。
  今年、残りの日数をコロナ感染せず、インフルエンザにもならず、ストレスもない丈夫な身体で過ごして新たな年を迎えましょう。
 
国宝「半跏思惟像」を拝観して
2020-11-24
  11月22日。ゴロ合わせで「良い夫婦の日」と言う。小生の友人の話 「自分の娘さんの誕生日が11月21日なので(娘想いのお父さんは)新車のナンバーを11-21とした。そしたら11-22の番号がやたら多いので11月22日の誕生日が多いと勘違いした。」なるほどよく見ると車のナンバーに11-22が多い。
 
  その22日。弟夫婦と4人仲良く、仙台までドライブに。目的は宮城県美術館で開催されている東日本大震災復興祈念「奈良・中宮寺の国宝展」。飛鳥時代の最高傑作の仏像「菩薩半跏思惟像(ぼさつはんかしゆいぞう)」を拝観するためである。教科書や資料では見ていたが、現物を目の前にして息をのんだ。「東洋のヴィーナス」とも表現された「微笑み」に一瞬に魅了されたのだ。いや、右手をそっと頬に充あて「優しい微笑み」に苦しみの魂が今まさに救済された気がした。
  像の周りを何周も周り有難さに深く合掌し「夫婦」「兄弟」の「恩愛の絆」を感じた一時であった。
 
賃貸不動産経営管理士とは
2020-11-21
  今日を含めて三連休(土・日・月:勤労感謝の日)だが、多くの零細企業は毎日が営業日だ。賃貸物件の管理を行っていると賃借人からの補修依頼などの連絡で、なかなか休みがとれない。弊社は、働き方改革でなるべく休みを多く取っているので明日と明後日の二日は久しぶりに連休とした。前回の日曜日も出勤したが、幸いなことに補修や苦情の電話が一度も鳴らなかった。
 
  本年6月に「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」が公布された。賃貸住宅管理業を行う業者が、「国交省に登録」することが義務となった。アパートの大家さん(賃貸人)と入居者(賃借人)との間にたつ、賃貸管理業者(賃貸不動産経営管理士など)が、法律に位置付けられ、公正・中立な立場で業務に従事することになる。法律の主旨は①賃貸住宅市場の健全化②住環境の向上などである。
 
  尚、賃貸不動産経営管理士とは、宅建士に比べて、まだまだ馴染みがないが、そのホームページから抜粋すると次の通りである。
「賃貸不動産経営管理士とは、主に賃貸アパートやマンションなど賃貸住宅の管理に関する知識・技能・倫理観を持った専門家です。賃貸住宅は、人々にとって重要な住居形態であり、その建物を適正に維持・管理することは人々の安心できる生活環境に直結します。そのため、継続的かつ安定的で良質な管理サービスに対する社会的な期待や要望は多く、賃貸不動産の管理業務にかかわる幅広い知識を有する賃貸不動産経営管理士の活躍が期待されています。」
 この賃貸不動産経営管理士制度は、不動産賃貸業でますます重要化されてくるようだ。
 
挨拶回り
2020-11-18
 暖かく秋晴れが続く昨今、川村憲司の社長就任並びに小生の会長就任のご報告・ご挨拶をするために二人で、日頃からお世話になっている地主さん家主さんや銀行・取引先を順次訪問している。久しぶりにお会いする方もいて、今回の訪問を通じて、安易に電話で済ましていたことを深く反省したい。
 嬉しい事に訪問先では、先に案内状を出していたので、組織替えを好意的に受け取って応援して頂いている。
 暮れの挨拶にはまだ早いがなるべく多くの方とお会いし、近況報告に交えて年配者には「健康に過ごしコロナに感染しないように最大の注意を払う」ことなどと、お互いに歳を重ねたことで「お互いの安否確認」の良い機会だ。
 
まるで花屋さん。甘い香りが充満です。
2020-11-12
  11月6日に株主総会、取締役員会を経て新社長・会長が就任してから、商業登記簿謄本の変更届を行った。法務局に受理されたとの報を得て早速取り寄せ、それを添付して書面を作成した。
  本日12日(大安)に福島県合同庁舎(県に出す書類)を訪ねて宅建業法に基づく代表者・役員変更の届を行った。また、国土交通省には賃貸住宅管理業法に基づく代表者・役員変更の届も郵送した。宅地建物取引業者は法律の定めに従い、いろいろな書面を用意して変更を行わなければならない。
  いろいろな書面とは、市町村役場や東京法務局などで入手する書面だが、縦社会の弊害、役所同士で確認すれば事たりるのであるが、それがないので膨大な書面となるのだ。ハンコのない社会を創ろうと新内閣は言うが書類の簡素化が必要だ。「役所は何でも知りたがる」「役所は書類が少ないと不安を感じる」などと軽口を言われてもしかたない。
  役所に届けたあとは、(公社)福島県宅地建物取引業協会に届出を行い、面接を経てから新社長が正式にデビューする。その間にも銀行の通帳などの変更も大事な引継ぎだ。各方面から新社長のお付き合いで「お祝いのお花」が届けられている。誠にありがたく、心より感謝申し上げます。社内は花で埋め尽くされカサブランカなどの甘いかおりが充満している。
郡​山​市​桑​野​二​丁​目​3​番​1​4​号​
277243
<<西武エステートシステム株式会社>> 〒963-8025 福島県郡山市桑野2丁目3番14号 TEL:024-921-3333 FAX:024-939-7190