本文へ移動

会長の「ひとりごと」

会長の「ひとりごと」

時折、喜・怒・哀・楽にメリハリつけて感ずるがままに綴っています。

わたしの「ひとりごと」に時々お付き合いください。そして…わたしの安否確認もお願いします。

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

街はいつもの年末だが。

2020-12-14
  もう12月の中旬だ。コロナ禍にあってもイルミネーションが灯り、町は新年の準備で、それぞれに忙しくなったように見える。ホームセンターなどでは歳(新年)飾りで、まるで正月のようである。年始用のタオルも豊富に陳列されていた。
  昨年、我が家では、神棚のゴボウしめ縄を暮れも30日頃押し詰まって買いに行った。そしたら店員に「卸問屋に品物を返却した」と言われて、とうとう買えずに我が家の神棚飾りは2年間もそのまま続いた。神様に申し訳ないと思い、今年は早々に神棚を掃除して新しいしめ縄を飾った。ついでにガラス掃除を行い、カミさんにカーテンを洗ってもいただいた。
  これで正月の準備はおせち料理以外は万端だ。だが、コロナ感染の影響で家族でも年始挨拶ができない状況である。近くに居てもテレビ電話が活躍しそうだ。お年玉もテレビ電話で済まそうか。

こんなこと許されない!自主返納すべき。

2020-12-10
 東京都が10日にコロナ感染者は600名を超える602名の感染者だったことを書こうとしていたら、広島の有名な夫妻に国民の血税が3700万円も使われていることに衝撃を感じた。この使われた血税を負担するのは国民だが、仮に請求する相手としたら誰にしたら良いでしょうか?
 候補者は次の通り
 ①選んだ「広島県民」
 ②所属していた「自由民主党」
 ③「河井家とその親族など」
 ④選挙カーで応援弁士をしていた「安倍晋三と菅義偉」
      だれーだ?   
 そうなる前に潔く自主返納しか道はない。
 

国民は何故に政治家の嘘に付き合わされるのか?

2020-12-05
  コロナ感染が拡大し、国民(庶民)の命が大事な時に国会は閉会だと!
 
 今年も終わろうとしているが、今年の新春早々の横浜港クルーズ客船の騒ぎから早や一年だ。
 その頃から感染拡大が懸念されているのに専門家委員会と言う御用委員を後ろ盾に、無理やりGOTOに踏み切り、対策はその場しのぎが目立ち、赤信号になるまで無策のように見えるがどうだろうか。国民(庶民)の心は、もう既に折れている事を認識して欲しい。
 
 そんな中、日本国のあちらこちらで、政治家の金や嘘や横暴さにまつわる醜聞が絶えない。当選時に本人も一緒に行う万歳は、これで大っぴらに悪い事を行うための喜びなのか。この当選と引き換えに「耳」と「心」を落としてしまうものらしい。良い政治を願い万歳している有権者(庶民)の心まで踏みにじり、逮捕されても議員を続ける厚顔無恥。無恥とは聞く耳も良心も無いと書くように、時の総理も派閥の親分の意見や忠告(親分が忠告したなど聞いたことはないけど…)も聞こえないらしい。ましてや庶民を騙すのは日常の事であるから、下々の庶民の声も聴く気持ちもなく、心にも届かない。内閣を支える友党からも何も意見もないし「桜」でも総理の脇にいるのに沈黙つづけるようだ。
 
 この人たちに道徳を求める事は、何度も騙されて分かっているが再度、無理だと我々は認識をした方がよさそうだ。あぁ~厭になっちゃうね。
 しかし、心ある良い政治家が居ないと日本の未来が明るくならない。嘆いている場合ではない。
 
 

師走ですね。奥会津の景色

2020-12-01
    師走になるといつもそう思うのだが、やけに車が町にあふれ渋滞を引き起こす。目的地まで行くのは、いつもよりゆとり(運転と時間)が必要だ。
 
   一昨日の日曜日には奥会津に出かけた。羽鳥経由で下郷町や田島町を通り、田島町に住む叔父や叔母の顔を見て旧南郷村(山口)を通り只見町へ。そして帰りは柳津から河東を通り、猪苗代湖を通る会津一周の旅だ。駒止峠付近は道端に雪があった。行く目的は前述した通りに高齢になっている叔父・叔母に会うためで、また従兄弟の安否確認と私からの元気注入でもある。それぞれが厳しい冬への支度やコロナ対策をしていた。
 
   年末・年始は昨日の社内会議で29日から1月4日と決まった。休みには自宅の大掃除など日頃見えていない所を中心に断捨離をしたいと思っている。「お父さん!それは投げないで!まだ使うから・・・」カミさんの悲鳴にも似たその言葉が待っている。
 

新しいカレンダーができました。

2020-11-28
  今年も残すところ約一ヶ月となり、お歳暮や忘年会のシーズンとなった。昨年の忘年会は十回を超えた。だが、今年はコロナ禍もあり予定はほとんど無いに近い。寂しさもあるが、会合の無い身体に慣らされ変化・進化をとげている。それも非常に楽と感じる。せめて会社の社員とは、慰労を兼ねた豪勢な食事会(忘年会)をしたいものだ。
  来年のカレンダーが出来て、社員がそれぞれに配布している。欲しい方は早めにご連絡・ご来店ください。
  ある銀行から来年の「高島易の暦」を頂いた。小生の歳は「六白金星」星は真っ黒で「八方塞がり」との易だ。
 ・・・保守点検に徹して回復を待て・・・だって。
  今年、残りの日数をコロナ感染せず、インフルエンザにもならず、ストレスもない丈夫な身体で過ごして新たな年を迎えましょう。
西武エステートシステム株式会社
〒963-8025
福島県郡山市桑野2丁目3番14号
TEL.024-921-3333
FAX.024-939-7190

1.賃貸物件の仲介
2.売買物件の仲介
3.月極め駐車場の仲介
4.不動産物件の管理

福島県知事(10)20087号