本文へ移動

会長の「ひとりごと」

会長の「ひとりごと」

時折、喜・怒・哀・楽にメリハリつけて感ずるがままに綴っています。

わたしの「ひとりごと」に時々お付き合いください。そして…わたしの安否確認もお願いします。

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

マスクは当分外せません!!

2023-01-21
 新型コロナウイルスが「5類」になる意義がイマイチ良く分からない。

同様にマスクを外して良いと言う政府の意図が分からない。最近、TVで政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身会長の姿が見ないがどうしているのだろうか。

 発生以来3年間、この新型コロナウイルス対応に対して、総理大臣の他に、厚生労働大臣やワクチン接種推進担当大臣の面々が次々と、「専門家で構成されている分科会の意見を聞いて・・・」などと、ご都合主義のようにタイミング良く利用されてきた「分科会」だったが(そもそも分科会も政府の言いなりだったが・・)、専門家を差し置いて2類から5類へ、総理大臣自ら大きくその舵をきろうとしている。
 専門家のお医者様から具体的に、5類になる功罪に関して医学的根拠に基づき聞きたいものだ。仮に「5類」にしたら何がどう変わり、万が一予期しない影響が出た場合の対処については、国会などで専門家を交えて十分に議論して欲しいものだ。こうした命に係わる事案は急いで決めることも大事だが、何事もスピーディーに対処しなくとも良い事例もある。

 いつ、どうするのか分かり易く総理大臣と専門家医師が同席で国民にむけて話すのが良い。マスクを外すも同様だ。

新型コロナウイルスは、マイクロ飛沫、エアロゾロが空気中に漂い感染することが多く、だから換気とマスク対策がかなり重要だ、と大型コンピューターのシミュレーション画像を見せられてきた国民にとってマスクを外すのは冒険に近い感覚がある。

原発事故 汚染水放流 絶対反対!

2023-01-13
 どうも解せない。汚染水海洋放出のことだ。

 「風評被害にならないように東電は被災地には丁寧な説明を」とは、県知事の弁。内堀知事さん!お前さん(いや失礼!内堀県知事閣下殿!)は評論家か。福島県知事だよ。漁協と足並み揃えて「絶対反対!」を言うべき人ではないのか! 他人事みたく言うなよ!
まだ、議論されている最中から、汚染水を放流を流すトンネルの掘削工事をしている事実を黙認して広い議論とか住民の理解などと綺麗ごとを言っていた知事閣下、県民に具体的に丁寧に説明しなさい。
 
 福島県民は絶対反対だ。知事は県民の代表者でなければならない。誰もが「いわきの魚は食べない」と言うに決まっている。薄めて流すから問題ない。科学的に説明がつくから大丈夫だ。と言う人がいる。だが、福島県の車に「来るな」と落書きされたり、子供がいじめにあったり、我々は原発事故以来多くの差別にあってきたことを思い出して欲しい。このような言われなき差別は必ずあることを忘れてはいけない。

原発の再稼働も同じ道の上にある。被災者の生の声を聞いてくれ!

正月や 冥土の旅の一里塚 めでたくもあり めでたくもなし 

2023-01-10
謹賀新年
皆様にとりまして本年が素晴らしい一年になるよう御祈念申し上げます。
本年も相変わらず「会長のひとりごと」にお付き合いの程、お願いいたします。
 
 元日の朝に妻の母(義母)が96歳の天寿をまっとうした。2015年から一人暮らしだった。私の自宅から、また妻の姉の自宅からも近くに住んで居たので二人は毎日往来して母の一人暮らしのサポートはしていた。すぐに気づいていろいろと処方したが、残念ながら旅立ってしまった。
 自然界で生きているものにとって、生死は自己の思うようにはならないものだ。元日の朝だ。忘れられない正月になった。だが、年始の休日と良い天気が続いたので諸手続きも焦らず考えながら、遠方からの移動にも安全に行う事が出来た。これは義母に感謝だ。生前の義母の希望もあり小さな「家族葬」とした。時を過ぎてからのご報告に関して私の親友、知人、取引先の皆様には言い訳がましい謝罪としたい。みずくさいなんて言わないでね。
 
 そのような経過なので、Lineやメールの年頭の返事も簡単な文章になってしまった。
仕事は5日から普通に行っている。2月中旬の49日法要があけるまで、いろいろな会合を自粛いたしますので宜しくお願いいたします。

メリークリスマス!

2022-12-25
今日はクリスマス 子供たちはサンタさんの贈り物を期待しています。

我が国の方針で大きな転換があった。
一つには原発の再稼働もう一つは平和外交から先取防衛への転換。
原発の再稼働に、福島県知事は表立って何もコメントしないが、11年前の大惨事からまだ復興半ばの福島県の状態を照らし合わせて、
「古い原発の再稼働」に関してどのように評価しようとするのか訊きたいものだ。
同様に地元選出の国会議員や県会議員の皆様の声が聞こえてこないのは何だろうか?みなさん!!もう少し怒って下さい!!

私は、こうした国の大転換に関して、あの総括から自然エネルギーを軸とした新たな時代のエネルギーの在り方について国民的論争を行い、方向性を定めて行く方が国際的にも評価されると思う。ウクライナで原発が標的になったことを考えれば自ずと防衛問題とも切り離せない問題でもある。
岸田総理の「聞く耳」より国民目線で、いまなぜに?このような理由で?だからこうした・・・と語りかけてもらいたい。
 
「防衛は今を生きている我々の責任で解決する」との言葉は分かり易いが
「赤字国債の垂れ流し予算は今の我々で解決し、将来に持ち越さない」とも言って欲しい。この国に明るい未来を感じる事ができない。

明るい未来が私たちへの贈り物!平和が贈り物!

リセット

2022-12-22
 先週の日曜日(11日)から流行り病にかかり、自宅で軟禁状態の療養だった。妻は濃厚接触者でこれまた自宅軟禁。だが生活上の買い物は許されるので私から離れ、気分転換もかねて生活用品と食事材料の買い出しも大変だったようだ。私の不注意で皆に迷惑をかけた。申し訳ない。
 
 さて、後遺症は医師から処方された治療薬「ラゲブリオ」カプセルなる医薬品により(と、本人は思っている)、首から下に発疹ができた。特に下半身に多い。体が拒否反応を示した証拠だ。かかりつけ医に行き、「点滴」をしていただいた。
 
 発症から今日で10日目となり普段の生活をしている。寒波の襲来で戸外は寒い。寒暖差があると自然に咳が出る。
 
 眼科・歯科・鍼灸・整体など日頃から身体のケアーをしてきたが、闘病中は当然ながらすべてキャンセルした。そこで、昨日から予約を取り直し普段の生活に戻るためのリセットが必要だ。

 お酒が付いている忘年会は来週からと思っているが、病のなかでも夕食前の「晩酌」は続けていた。折しも喜多方の親友から「お見舞い」で、俺好みの酒が届いた。二本松の「千功成・特別純米酒コシキミネ」で、日頃から好きな酒だ。「喉のアルコール消毒」として舐めるように口に運ぶ。お酒のお陰で早く治った気がする「アリガトウネ! イヤー ウマイ! ノドニシミルネ!」
西武エステートシステム株式会社
〒963-8025
福島県郡山市桑野2丁目3番14号
TEL.024-921-3333
FAX.024-939-7190

1.賃貸物件の仲介
2.売買物件の仲介
3.月極め駐車場の仲介
4.不動産物件の管理

福島県知事(10)20087号